やわらかミニマリズム

シンプル×癒しを、やわらかめに。

PMSと生理痛に打ち勝ちたくて、砂糖断ちを2週間行ってみた。

スポンサーリンク

f:id:sachikodx:20200503172547p:plain

風邪でもなんでもないのに、体調が思わしくない時ってありませんか?

 

私は月1であります。生理前です。

普段、朝起きたときの体力が10だとしたら生理前は4スタート。仕事をしていればお昼過ぎには1日の体力を使い果たしてしまいます。

それだけでなく気持ちの落ち込みが激しく(PMS)普段気にしないことをクヨクヨと気にしたり、追い詰めてしまってうわーっと泣いてしまったり。

 

ブログ執筆や英語の勉強、やりたいことがいっぱいあるのにフルパワーの日が月に2週間もないことにそろそろ嫌気が差して来たので、できることから始めようと思い

砂糖断ちをはじめました。

 砂糖断ちの目的

今回は生理前の体調と気分の浮き沈みを緩和することです。

毎月生理が来るたびに勉強に集中できなかったり、悩む必要のないことで悩んでしまったりがそろそろ辛くなって来たのです。

毎日100%元気でなくてもいい。女性であることでのホルモンバランスを受け入れようという姿勢を貫きつつ、生理前の元気が20%だとしたら自分でできる努力で60%くらいまで上げられたらいいな、という思いです。

以前婦人科クリニックにかかっていたときに一時的にお砂糖を控えていたことはありましたが、しっかりめに断つのはこれが初めてです。

 

砂糖断ちがなぜ生理に有効なのか

生理前にお砂糖や油物などのジャンクなものを避けたほうがいいのはなんとなく知っていますよね。でも。

でも。

ジャンクなものって生理から開放されている爽やか週間よりも生理前のほうが食べたくなりませんか?私はなります。

おやつと生理痛には関係が?!糖と油について。 | オーガニックコットンナプキンのパイオニア ナトラケア日本公式ブランドサイト

この体の大矛盾の謎を解き明かす答えがこちらのサイトにわかりやすく載っていたので漫画にしました。

f:id:sachikodx:20200504153414j:plain

要約すると、生理前になると体と心の安定を保つ体内物質が減ってしまい、それを補うための手っ取り早い方法がブドウ糖を摂ることなのです。

そのブドウ糖を食事の炭水化物から摂れば丸く収まるのですが、お砂糖から摂ると吸収が早いため脳が「もっとくれ!早くくれ!」と指示を出しさらに摂りたくなってしまうのです。

さらに、お砂糖は血糖値を急上昇させます。下がるときに体温も一緒に下がってしまい、生理痛が引き起こされるというわけです。

 

体の冷えをなくすことで生理の辛さが少しでもなくなればいいですよね。

筆者について

生理の症状

f:id:sachikodx:20200504153455j:plain

・生理前が辛い月(精神の上下がある)

・生理中が辛い月(お腹が痛い)

それぞれが交互にやって来ます。

腹痛は生理1日目〜3日目にあり、痛み止めを1日に一度服用することで緩和します。冷や汗が出てくるレベルの痛みです。

 

食生活

お砂糖断ちを始める直前の食生活です。

①アルコールを控えている

花粉症悪化を防ぐため。これも結構よかった。

②自宅に置いてあるお砂糖は白砂糖ではなく三温糖

長年の母のこだわりです。

③1日3食

朝が苦手だったので朝食は車の中でおにぎりを食べながら出勤。

昼食は持参のお弁当。面倒な時はおにぎりだけ持参でおかずはコンビニで買ったり。

④間食する

主に帰宅後。帰宅直後は疲れてへろへろでとりあえずソファにダイブする。「疲れている体にとりあえず糖を・・・」とチョコレートなどを4〜5個摂取。最悪な時は血糖の上下でそのまま動けなくなり30分〜1時間後にやっと動き出す。

⑤砂糖断ちする直前はコンビニで甘いお菓子を買ってよく食べていた

アルコール断ちをしてからというもの、甘いものに目がいく!

 

食事の前に間食すな。

そして⑤はアルコール断ちの反動で甘いものに移行するという悪循環。甘いものまで制限されたら私はどうなるのでしょうか。

 

自己ルールを作る

今回のお砂糖断ちに関して自分でルールを作りました。

ダイエッターのすごい人とかで糖質という糖質を排除する人もいるようですが、私はあくまでもお砂糖を制限したいので(そして糖質制限はしすぎても危ない)以下のルールを定めました。

・基本、お砂糖が入っている食べ物は摂らない。

・自宅の三温糖も禁止

三温糖は体にいい説がありますが元々三温糖ユーザーで面白くないのでこちらも×。

・自然の甘みはOK

果物や甘酒、はちみつなどはOKとした。

・仕事で摂る分には仕方ない

訪問でお菓子がたまーに出てくる。その場で食べる雰囲気になったら仕方ない。

・3食の食事で摂取する分には仕方ない

食事を作ってくれるのは母で、家族分作るのでここでの砂糖制限は難しい。

 

ガチガチに制限はせず、とりあえずできる範囲で行うこととしました。

 

日々の記録

2020年4月18日 砂糖断ち開始

4月19日 干し芋を食べる

甘いものが食べたくなった時のためにオーガニック干し芋を2袋購入。甘い!美味しい!とはそこまでならなかったけど、たまに食べるといいものだな。

4月21日 サーターアンダギーを食べる

テイクアウトのお店で小さなサーターアンダギーのおまけを付けてくれた。事情があり家族にあげることができず自分で食べた。(食べた)

4月○日(日にち忘れた)「濃縮還元」の正体を知る

甘いものが飲みたくなって、セブンイレブングレープ果汁100% 450ml のひとまわり小さいやつを購入。コンビニでお砂糖の入っていない飲み物は大抵コーヒーやお茶(カフェイン)しかなくどうせならカフェインも断ちたいので選ぶのに困った。

 

パッケージには濃縮還元と書いていて、成分表に砂糖の文字はない。

 

濃縮還元ってよく表記にはあるけど何のことだろう?と思いその場でググる。ストレート果汁とは違い、果汁を空輸する際に体積を縮めるための方法のことらしい。

お砂糖の表記がなければお砂糖は入っていないとは書いていたけど、濃縮したものをもとの体積に戻すときに完全に前の果汁の味が保たれるかどうかは疑問が残る。真相はわからないけど今後は飲まないことにした。

味はまあ美味しかったけど、濃縮還元の件も踏まえてこれを飲むくらいなら我慢するかな、と思ってしまった。(すみません)

 

4月23日 早起き開始

朝食をしっかり摂りたいのと、勉強時間の確保・自粛中の運動不足を補う時間に当てるため、なんと早起きを決意。朝苦手芸人をたった1日で克服する。

4月24日 お酒を飲む

モアさんと夜からツイキャス。当初はノンアルの予定でしたがこの日は特別に飲むことにしました。発泡酒250mlを2缶。おつまみはさけるチーズと砂肝。無事酔っ払いました。楽しかった〜!

4月25日 二日酔い

毎朝起きがけに白湯を飲むようにしているのですが、この日ばかりは1回に飲む量がいつもより多かった。

 余韻に浸っている。

昼前には二日酔いは治りすっきりしていました。

4月26日 甘酒を飲む そしてケアレスミスをする

どうしても甘い何かを飲みたくなって、ドラックストアで125mlの甘酒を購入。とーっても甘かった。とーーっても美味しかった。久々にベッタベタに甘いものを摂取したので私の脳は大興奮。舌の味らいという味らいで甘みを味わい尽くしていた。自分でもキモいと思った。

あと、ニンニク料理を食べたのでお口直しに飴ちゃんを1粒ぱくり。

・・・あれ、間違って食べちゃった。

 しかもそのあと家族が買って来たごま餅に遭遇する。

飴ちゃんでケアレスミスをしていて、もう今日はチートデーか!?とも思ったが何とか我慢した。

 今思い返すと一番辛かったのごま餅の件です。

甘酒を買ったときに百円ではちみつも買いました。

 4月○日(忘れた)ドライのアンズを買ってみる

干し芋を買ったときに迷った、ドライのアンズを購入。果肉が大きくて食べ応えがある。が、成分表を見る癖がついて「漂白剤(二酸化硫黄)」の文字を発見。そうか。ドライフルーツってフルーツをただただ干しただけではないんだ。新たな発見です。

確かに薬品っぽい匂いがするし、成分表をみるとエネルギーのほかはほぼ糖質。他の栄養素が補えるなら嬉しいけど、糖質のためだけに買うこともないな〜と思い、数個残して食べなくなった。

4月30日 はちみつ登場

甘くて少し冷たいものが食べたくなったのでヨーグルトにバナナを輪切りにしはちみつをかけて食べた。最高に美味しかった。

f:id:sachikodx:20200504153909j:plain

「バナナがケーキに見えてくる」という名言が爆誕したのもこの日でした。

5月2日 カロリー密度という言葉を知る

シュークリーム食べたいとツイートしたらお友だちが気になる画像をくれました。

 カロリー制限をしているわけではありませんが、糖もそれなりに入っていると思うとちょっとゾッとする。勉強になりました。

 2週間での成果

生理前の体と心の調子

調子が悪い月と比べると全然よかったです。ただ、私は生理前が辛い月と生理中が辛い月が交互にくるので、たまたまである可能性はあります。とはいえ気持ちが落ちることもなかったし、気持ちが落ちてくる時間帯は大体夜。早寝早起きを同時に取り入れたので、気持ちが落ちてくる前に寝てしまっていたからなのかもしれません。

生理中の体の様子

生理痛は1度の痛み止め服用で済みました。

生理前日の夕方から朝にかけて腰回りの重み。

1日目の朝は痛み止めを飲まなくても我慢できる痛み。ただ、整骨院に行かなければならず施術中に痛みが出て来たら治療どころではなくなるので、お守りとして服用。この時だけでした。

2日目はお腹から腰にかけてのボワッとした痛みの手前みたいな感覚はありましたが気にならないレベル。

3日目以降は生理痛何それ美味しいのという感じでした。

その他の体や生活の変化

糖を断つこと自体が影響した変化は生理以外には感じられなかったのですが、食生活にメリハリのあるリズムができたことでの変化は大いにありました。

 

 食生活の④間食が止まりました。

甘いものを止める=間食もなくなるので当たり前と言ったら当たり前なのですが・・・

なかなか直せなかったことだったし、仕事が終わった体は糖を欲しているというのも思い込みだったようです。

 

1日3食以外に食べることが少なくなったので、夕食後に何かをつまむこともなくなりました。就寝の直前に何かを食べると朝の寝起きが悪くなるのですが、食べないのでそれもなくなりました。

コンビニに用がなくなる

お砂糖断ちをしていると食品目的でコンビニに行かなくなります。つまりほぼコンビニに寄らなくなります。なぜかというとお砂糖不使用のものを探すのがかなり難しいからです。

おまけにカフェインもとらなくなるとお茶やコーヒーも飲めないので、買えるものは水か無糖の炭酸水くらいです。辛いガムですら甘味料が入っています。

成分表をよく見るようになった

お砂糖を断つと必然的に原材料名をチェックするようになります。これも身につけて損はない習慣となりました。「濃縮還元」「二酸化硫黄」が何なのか。結構勉強になります。

辛くなかった?

んー。ちょっとは辛かったです。笑

ある時インスタグラムで流れてくるスイーツをひたすら凝視してる自分に気付きました。

ただ、甘いもの食べたい!という欲求が巻き起こるのって空腹の時か刺激強め(味が濃い、辛い)のものを食べた時くらいなので、3食の食事でお腹を満たせば甘いものへの欲求はぱたっと消えます。刺激強めのものを食べた時はお口直しをしたくなります。焼肉屋さんのレジとかによくアメやガムが置いておりますよね。アレみたいな感覚で自分の中に「刺激強いものを食べたらコレ」と頭が結び付けてしまっていることに気付きました。それでパインアメを舐めてしまったんだな〜。

しばらく続けていけば自分の欲をコントロールする術が身につきそうです。

 

なぜか経済学について学べた

おもしろかったのが、栄養学的なことのほかに「経済って甘いもので動いているな」と感じたこと。制限されてから初めてわかりました。前、誰かのツイートで「人は自分を甘やかす文言に弱いし、そこにマーケティングのヒントが詰まっている」みたいなのがあって。まさにこのことだ!と。

コンビニから甘いものを撤去したら食品や飲料のほとんどがなくなります。

悟りの境地で経済学について学べるとは思ってもみませんでした。笑

ていうか、勉学って悟りから意欲が湧き立つのかもしれない。

思考が深まって毎日が楽しいです。

 

まとめ

わりとゆるめの砂糖断ちではありましたが、生理前後の症状の緩和は期待できそうです。気分の波が落ち着いたのが個人的に大きな変化で、こんなにも心が穏やかになれるのかと感動しました。同時に始めた早寝早起きや、結果的にカフェインも摂取しなかったことも要因になりそうです。

 

たった2週間ではもうしばらく、ゆるっと続けてみます。

もちろん、この先ケーキやハーゲンダッツ、お酒をチョコチョコと嗜んで行きたいです。 だから糖を摂り入れても症状の出ない体を作ることが最大の目的です。