やわらかミニマリズム

シンプル×癒しを、やわらかめに。

不潔感のバロメータは持っとけ!湯シャンが臭くならないには?

スポンサーリンク

 

f:id:sachikodx:20180819203727p:plain

 

 

湯シャンは臭いのだろうか

そういう疑問を持ってこの記事にたどり着いたのではないでしょうか。

 

自分では嬉々として湯シャンしているのに、他人に「うわ〜臭っ・・・でも指摘できないわ〜」と思われていたらめっちゃ悲しいですよね、、、

 

湯シャン歴(正確にいうと半湯シャン)2年の私も不潔感に対してはかなり気をつけています。

湯シャン情報は巷に溢れていますが、体質によって方法はそれぞれ違いますし、合う合わないの見極めが重要になってきます。

 

そこで今回は、湯シャンの不潔感が気になる皆さんに

湯シャンが合っているかの見極め方と、それを知った上での湯シャン方法をご紹介します。

▼過去の湯シャン記事はこちら▼

ミニマリスト女子が2年間、湯シャンをし続けた結果を報告する - やわらかミニマリズム

ミニマリスト女子が1年間、湯シャンをし続けた結果を報告する - やわらかミニマリズム

 

 湯シャンでググると「臭い」と出てくる

この記事にたどり着いた方はお分かりだと思いますが、「湯シャン」でググってみると発○小町で「湯シャンはまじでやめてほしい」、知○袋で「臭ってるんでやめてもらっていいですか?」等の湯シャンに対する辛辣な感想が目に飛び込んできます。

 

湯シャン勢としては見るに耐えません。

 

 

湯シャン適合タイプがある

でも、湯シャン否定過激派の方たちが言ってることもよく分かります。

シャンプーしてなかったら当然誰だって臭うもん

 

私は週に2〜3回のシャンプー剤を使ったシャンプーをする湯シャン派です。

そして、人には湯シャンの3つのタイプがあると考えます。

①完全湯シャンOKタイプ

②半湯シャンタイプ

③湯シャン向かないタイプ

完全湯シャンOKタイプ

もう、湯シャンだけでOK。

シャンプー剤の必要なし。

湯シャンだけでも不潔感が出ないタイプ。

半湯シャンタイプ

私はこのタイプです。週〜月に数回シャンプー剤を使うと調子がいい。

でも、完全に湯シャンに切り替えると不潔感が出てしまう。

湯シャン向かないタイプ

1日やって「んー違和感に耐えられない」となるタイプ。

季節によっても変わるし体質も刻一刻と変化するので完全に向かないとも言い切れないが、とりあえず今期は厳しめ。また気が向いたら試してみてもらいたいけど、一度湯シャンが合わなかった過去があるので再起が難しい。

実際にやってみてタイプを知ろう

タイプを判断するには自分で試してみましょう。

まずは1日以下の流れでやってみてください。

湯シャンをする(方法)

私はいたってスタンダードなやり方です。

こだわるポイントは特にありません。

 

①洗う前に櫛で髪をとかす

②39〜40度のお湯で洗う。

 指の腹で地肌全体を優しく洗う。

 髪の毛そのものもお湯をしっかり通す。

③ドライヤーで乾かす

 

1日経ったら不潔バロメーターをチェック!

前の日に湯シャンをし、1日過ごしてみてどうだったでしょうか?

以下の点を確認してみてください。

【見た目】

・髪質が脂っぽくないか

・フケのような白いプツプツが髪の表面に出てきていないか

【ニオイ】

 ・頭を横にふったとき、脂っぽいニオイがしないか

ポイントはシャンプーした時と比べてどうかあからさまに不潔感が漂っていないかどうかです。

もちろんシャンプーした時とは多少さっぱり感やさらさら感は劣るかもしれませんが、意外と不潔感はないなーと思えたら湯シャンタイプの①完全湯シャンタイプか②半湯シャンタイプに当てはまります。

ここで無理!汚い!となったら③湯シャンに向かないタイプとなります。

この繰り返し

不潔感がなかった方はそのまま次の日からも湯シャンを続けてみてください。

続けてみて不潔バロメーターに少しでも引っ掛かったらシャンプー剤を使ったシャンプーのタイミングとなります。このタイプは私と同じは半湯シャンタイプです。

永遠に不潔感バロメーターが出なければ完全湯シャンタイプです。

他人には聞けないのだから不潔感のバロメーターを自分で持つ

 これ鉄則です。

本当であればニオイや見た目に関しては他人から客観的に聞くのが一番ですが、なかなかそうはいきませんし、他の人も聞かれたところで本音をしゃべってくれるとは限りません。

発言○町や知○袋で言われている「湯シャンをやめてほしい人」は恐らく不潔感バロメーターが壊れている、または無視している人なのです。

それか清潔感を知らない人である可能性もありますね。

湯シャンを始める方は日々自分の頭皮や髪の状態をこまめにチェックする癖をつけましょう。

まとめ

湯シャンで臭いと思われないためには、まず自分が湯シャンタイプのどれに当たるかを1日の湯シャン体験を通して感じてみてください。見た目が脂っぽさやニオイが気になるかどうかで①完全湯シャンOKタイプ②半湯シャンタイプ③湯シャン向かないタイプに分けられます。

タイプがわかっていれば湯シャンは快適なものになります。時短になりますし、節約にもなります。

どうか、「湯シャンやめろ」という記事が減っていきますように・・・