やわらかミニマリズム

シンプル×癒しを、やわらかめに。

【必見!】好奇心に手足の生えたマルチクリエイター”モア”って何者?

スポンサーリンク

f:id:sachikodx:20200208203812p:plain

どうもーーーーーーーー!!!!!

10か月前までミニマリストブロガー名乗ってたさそりです。

ブロガーとしてのさそりを覚えててくださる方がどれほどいるでしょう。

今回はどうしても、今後の活躍に期待がかかる方を紹介したくブログの編集画面を開いています。

 

その名もマルチクリエイター ”モア”。

 

 

f:id:sachikodx:20200208212107p:plain

 

自信を「好奇心に手足 の生えた人間」と称する彼女の多岐に渡る才能とエネルギッシュでありながらもチャーミングな魅力の謎に迫ります。

 

また、2月15日(土)夜からにTwitterライブで私と共にライブ配信を行う予定です!この記事で彼女の予習をすれば楽しめること間違いなし!ぜひご覧ください。

彼女は何者?

 

歌う、ギター弾く、ライブする、イラスト描く。

これがマルチクリエイター モアの世界観です。 

プロフィール

  • 名前:モア  由来は英語のmore(もっと)。好奇心を「もっと、もっと」と探求するパワーをmoreにこめているそうです。
  • 好きなこと:ゲーム(RPG)、漫画、アニメ、絵を描くこと、歌、ギター・ピアノ等の楽器全般、スノーボード、ダンス、乗馬、古代文明民俗学
  • 苦手なこと:道を覚えること、算数、人の顔を覚えること

 

好きなことの数パない。

特にアニメ、漫画は夢見がちになった原点なのだとか。

どんな活動をしているの?

バンド活動や路上で弾き語り、ほかの人が作った曲への歌入れ、作曲(えびの歌、正露丸の歌等多数)、「踊ってみた動画」出演など、来るもの拒まずのスタンスで活動しています。私のTwitterアカウントでは2019年夏~秋頃にかけて似顔絵企画のイラストレーターとして活躍していただきました。

 

 

 

 

2019年の春頃にあげたPerfumeの踊ってみた動画にも一緒に出てくれたのも彼女でした。

ご指導賜りました#Perfume #lovetheworld #踊ってみた #顔怖い #足閉じろ

さそりとはどんな関係?

実は、私の会社の先輩です。私のTwitterでのつぶやきにもちょいちょい出させてもらっていました。

私のTwitterをよく見てくださってる方ならご存じの「すきぴ先輩」です。笑

 

恋人と別れたら寂しくなるどころか新時代が幕を開けた - やわらかミニマリズム

この記事に出てくる、相談相手の「大好きな先輩」も実は彼女のことです。 

さそりの思うモアさん

会って2回目で「この人おもしろいかも」と思いました。自分の好きなことに対して愛を持ってお話ししている姿に惹かれました。当時ダンスを始めようと思っていた私が突然「一緒にダンスの体験行きませんか」と誘ったところ、まさかのOK。私がダンスを始めるきっかけとなった方でもあります。頭が柔らかく、行動も即決で「それいいね!やってみよう。」とすぐ応答してくれるところにクリエイター魂を感じます。私が日ごろの悩みを打ち明けると 公正な立場で意見をくれたうえで背中を押してくれるところも好きです。

海外へ行く意義

実は彼女、今年の夏にイギリスへ旅立つ予定になっています。なぜ海外へ行くのか、行こうと思うまでの苦難、同じ悩みを持つ人へのアドバイス、なりたい自分像、などを聞いてみました。

なぜ海外へ行くのか

海外に行く目的は?

修行のためです。語学力向上はもちろんのこと、創作活動をしながら、自分を表現していきたい。いろんな人・物事・世界を知り、関わることでまた表現して、というように

どんどんこの世界を冒険していきたいです。RPGのゲームで端から端まで全てを探検するみたいな感じ。もちろん就労経験もしたいので、にこにこしながらたくさん挫折を経験したい。

なぜイギリスを選んだの?

ずっとヨーロッパ方面に強い関心があって、人とも縁がありました。そこで超人気のビザ(2年間就労も勉強もできる)に申し込んだところなんと当選。倍率は10倍以上と言われています。いろんな人との出会いや経験がシンクロして背中を押してくれて、世界が「行け!」って言ってくれているのだと感じました。今思うとイギリスに縁があるものが多くて、UKロックとか、映画であればハリーポッターシリーズとか、音楽、ファッション、ドラマなんかも好き。文化と芸術関連全般が好き。

ずっと前から海外に住みたかった?

そう。でも、無理かなって思っていました。

「自分なんかが」と自信がなかった。金銭的な問題もそうだけど、知ってる世界が狭かったし。「手の届く範囲の生活」なんだなって。イモムシみたいだった。

自分に自信のなかった時代

イモムシ!?

うん(笑)自分に自信がなくて。小さいころは周りに否定されることが多くて、「人とちょっと違う」ことにショックを受けたり、思いもよらない言葉に唖然として何もできなくなったり。ずっと根っこの部分に自信のなさが染みついていました。今も実は繊細なんだけど、昔はもっと心身が豆腐のようで、入退院も何度も繰り返したな。だから「もっとあなたはできるのに」と言ってくれる人がいても、自信を持てなかった。そういう意味でのイモムシです。

踏み出すきっかけはどんなこと?

社会人になってしばらく経ち、祖母が亡くなりました。一人の人生が終わりを迎えた場面を目にして、ばーちゃん、ちゃんと幸せだったかな、たくさん働いて片マヒでもずっと頑張って、最期は辛くなかったかな、とかたくさん考えました。そして、自分はどうなんだろう。最期を迎えた日に「あーおもしろかった!人生やりきった!」って思えるのかなって考えました。

そこから少しずつだけど、変わらなきゃ、行動しなきゃ、という意識がちゃんと出てきたんだと思う。やりたいことがあっても行動しないと何もないのと同じなので…。

そして今までと違う価値観を持った人と出会ったり、周りの人からの支え、偶然や小さな積み重ねが自分を突き動かしてくれてた。イモムシ時代を知っている友人に「人生やっと動き出した」と言ったら喜んでくれた!

f:id:sachikodx:20200213160815j:plain

「梨から出てきた虫を育てた」「最後は母に捨てられた」

弱い自分を受け入れ、許す努力

それからはどんな努力をした?

弱い自分を受け入れること。受け入れることはめっちゃつらい(笑)。でも、「こんな自分も好きになろう」と言って自分を行動させる。そして、許す。否定は勝手に自分を傷つけていることと同じ。昔は「自分のせいだ」と思って毎日過呼吸になっていた。だから、褒められるのがすごい好き。そこにたどり着こうと頑張れる。自分を好きになる努力。どんなにしんどくて涙が止まらなくても、足も手も震えて何もできない時でも、言霊の力を借りて、少しずつ、少しずつ歩き出せるよう自分を受け入れて前を向くようにしました。

そこから意識の転換、考え方のクセをつけるようにした。ポジティブを基本にするけど、たまにネガティブも大事にしてバランスをとるようにしている。

 わくわくすることは大抵間違いじゃない

同じ悩みを持っている人にアドバイスをお願いします

私は「あれやっとけばよかった」って思って死にたくないと思っていて。みなさんにも周りの言葉で自分の世界を閉じないでほしい。わくわくすることに向かって行けば大抵間違いじゃない。何かやりたいことがあって辛さが伴うのなら、それは神様からの「あなた、本気ですか?」というお試し試練だと思っています。「本気ですよ!」って頑張っていれば「ヨシヨシ、じゃあ応援してあげよう!」って後押ししてくれると思います。周りと違っていて全然OKです。花マルです。自分のワクワクすること・好きなこと・大事にしたいことをがっちりホールドして進んでいってください。

やってダメだったら、また何か違うことを始めればいいです。ダメなことが分かったので、ほかにもっと良いことがあるっていう証拠なので!世界はとっても広いし、面白いことがたくさん待っています。踏み出すのが怖かったら、私と一緒に肩を組んで、せーので飛び越えちゃいましょう。チキン同士頑張りましょう。

 

今後もその名のごとく更に上へ!

今後は「広い視野でいろんなこと考えられる人になりたい」のだとか。

「自分の足で出向いて経験を積む。語学上達はもちろんのこと、おもしろいことにどんどん挑戦していきたい。経験値を積んで、その先自分の作ったもので、誰かの何かが少しでも明るくなってくれると嬉しい。死ぬほど。」

その先で具体的に何を目指すか・何になるか、何を達成するか、よりもこれから出会ういろんなものたちを大事にして、自分を変化させていきたいのだとか。

「多分また考え方が変わると思うので、あえて目標は作らないで感じたこと・考えたことに素直に行動できたらいいな」と。

さらに磨かれる彼女の感性は創作活動のスパイスとなること間違いなしです。変化を追い求める彼女の今後に期待です! 

 

◎マルチクリエイター モアのSNSアカウント

Twitter モア@2020YMS (@more_saki) | Twitter

Instagram Login • Instagram

▼岩手のゲストハウスのリーダーにインタビューしてみた▼

www.sasorinista.com

 

▼近々、「2年間ver.」投稿します▼

www.sasorinista.com